簡単にスキルを増やそう!!スキルマニア大学生のブログ

スキルは簡単につけることができるということを証明したい。休学中で色々挑戦します!

【20時間の法則】実践編!タイピング力を身に着けよう!!〜10時間でどのくらい変わった?〜

こんにちは!

しょーたです!!

 

今、20時間の法則に則り

色々なスキルを身に着けようとしているものでございます。笑

 

※20時間の法則についての詳細はこちらをご覧ください↓

 

www.syosyokaeru.com

 

 

12月16日からこの企画を始めました。

 

それから10時間経ち…

更新しよう、しようと思ってそこから時間が経ってしまいましたが、

 

10時間当時の記録をちゃんとスクショしてあるので

そちらをもとに紹介したいと思います!!

 

今後、タイピングが終わり別のスキルを実践する際には

  • スキルの情報収集過程
  • スキル分解のプロセス
  • スキルのPDCAの進捗紹介

こちらをより細分化してお届けする予定です。

 

それでは、目次です。

結果は!効果あるんか!って方は

「しょーたが10時間トライしてみました」からお読みください。

 

 

タイピング習得の下準備をしよう

必要な知識を入れよう

何事も習得するにあたっては

その道の先を行っている方の真似をすることが一番はやいです!

 

つまり、徹底的にパクる!!!

 

ことが大事になってきます。

そのため、これまでは自分流でキーを打っていましたが

正しいタイプ方法を探しにネットに旅にいきました。

「タイピング コツ」

「タイピング 早くなる」

とかとか検索していきます。

ネットで情報収集しようとする時は

10くらいの記事を流し読みすることをオススメします。

その中で繰り返しでてくるワードがコアスキルである可能性が高いからです。

 

目標を明確化しよう

知識がついて、何をしたら良いのかわかってきたら

スキルが達成できたかどうか判断するために、目標を明確にしましょう!

漠然とした目標にしてしまうと、いくらでも誤魔化しが効きますし

それではスキルが本当についたのかどうかわかりません。

そのため、目標を数値化する必要があります。

 

あくまでも、達成できたのかどうかを測る自分の中のものさしなので

自由に決めても構いません。

そこで、

 

ミスも多く、5000円コースもクリアできないのに

10000円コースをこの条件で達成できたら

十分に力がついたものと僕は定義し、挑戦してみることにしました。

*1

 

コアスキルを見極めよう

スキル獲得の上で重要なのが、スキルを細分化し

中でどの力がコアスキル(スキルの中でも重要な要素)なのかを見極めることです。

それでは、タイピングにおいてのコアスキルとはなんでしょうか?

 

実際にネット上で約10の記事を見ていく中で

ホームポジションが大事!!

ということを確信しました。

(聞いたことがある方も多いと思いますので詳しい説明は省略します。)

 

逆に、ホームポジション以外のことに関して

具体的に書かれている記事が少なく

「正確性を重視する、繰り返し練習する 」

みたいな抽象度高めのことしか書いてないことが多かったです。

 

もちろん、それらも重要だとは思いますが

まずはホームポジションを意識しないと

正確性も上がらないし、反復練習しても効果がないしなと思い

タイピング上達するにあたって最初に習得すべきコアスキルとして

 

ホームポジションに指を置いてタイプをする癖をつける

ことをまずは目標に設定しました。

その後、慣れてきたら実際に文章入力の練習をしていくという流れです。

 ツールを準備する

もちろん、ただホームポジションに置いて毎日PCを使ってるだけだと

どの程度力がついたか、何時間練習したかという実証ができないので

タイピングの練習ができるサイト×時間管理アプリを使って

みっちり練習することにしました。

 

まずタイピングの練習で僕が使っているのが下記の2つです。

タイピング練習 (ホームポジション 基本編) - Benesse マナビジョン

タイピング練習 (ホームポジション 基本編) - Benesse マナビジョン

Flashタイピングゲーム「寿司打」 - Neutral 

Flashタイピングゲーム「寿司打」 - Neutral

 

特に寿司打は、大学の授業で一度だけご縁があったこともあり

最初の目標設定にも使わせてもらいました。笑

 

僕がこの2つを選んだ理由は

マナビジョン→ホームポジションと正しい指の使い方が練習できるから。

寿司打→ゲーム感覚で楽しく、文章を打つ練習ができるから。

です。

 

(マナビジョンは、このように押すべき指が青く光り、どの指で打ったら良いのか示してくれます。)

 

しょーたが10時間トライしてみました

最初はひたすらに、マナビジョンの方をやり、ホームポジションが定着していったところで寿司打に切り替えて実践的な練習をしました。 

 

実証が大事とか言ってるくせにブログどのように進めていこうか悩んでる間に練習始めちゃったんで(バカ)10時間経過時のデータしかないのですが

ひとまず以下のようになりました…!!

速さが1.3倍、ミスタイプが77%減!!

 

そんなかな?って思ってる方、タイピングが1.3倍の速さになったということは

これから、メール打つときとかも単純計算で1.3倍の速さで終えられるということです。

オフィスワークしている方だったら、これが毎日積み重なっていくと1年,5年,10年で相当な差になると思いませんか?

 

たったの10時間するだけでこんだけ違ってきます。

残りの10時間しっかり練習したら周りの社会人との生産性の違いは長期的に見て大きく変わりそうですね。(^^)

 

さらにタイピングが速くなるために必要なことは?

実際に練習にトライしてみて次に大事になってくるのは

  • 今の自分に足りない力の分析
  • その力をつけるためのプランを立てる
  • 練習

このサイクルを回し続けることです。

 

僕の場合は、焦ると次の単語の文字を打ってしまうなど

ミスタイプがイナゴのように大量発生してしまうことなので

これを減らすために一度スピードを抑えてやってみることが必要です。

これで間違えなくなったら、スピードを徐々にあげていき最終的にスピード×質を兼ね備える予定です!

まとめ

タイピングを習得するには 

  • ホームポジションを覚える!!
  • 目標を明確に設定する!!
  • 自分にあった練習方法を見つける!!

10時間経って効果はどうか

実際に速さが1.3倍になった。これから先ずっとこの速さは維持できるものなので

長期的に見たときにこの成長は大きい

 

それでは、引き続き20時間までの残りの時間を頑張っていきますので応援よろしくおねがいします!!!

 

*1:寿司打は、3000円コースと5000円コースと10000円コースがあり、金額が高いコース程一度に打たなければならない文字数も多く、難易度がバク上がりします。